ロアルド・ダールの小説をロバート・ゼメキス監督がアン・ハサウェイ主演で映画化したファンタジー「魔女がいっぱい」、12月4日(金)公開。




ロアルド・ダールの小説ロバート・ゼメキス監督アン・ハサウェイ主演で映画化したファンタジー「魔女がいっぱい」(原題 The Witches)、12月4日(金)公開。

おしゃれで上品な大魔女”グランド・ウィッチ”が率いる恐ろしい魔女たちが立てている邪悪な計画をある少年が知ってしまう…

1960年代、とある豪華ホテルに現れた、おしゃれで上品な美女。しかし、彼女の正体は誰よりも危ない邪悪な大魔女”グランド・ウィッチ”だった。いつまでも若く、おしゃれが大好きな魔女たちは、人間のふりをして普通の暮らしを送りながら、とてつもない秘密の企みがあった。その企みを知ってしまった少年はネズミにされてしまう…

「チャーリーとチョコレート工場」で知られる児童文学作家ロアルド・ダールの小説ロバート・ゼメキス監督が映画化。「シェイプ・オブ・ウォーター」のギレルモ・デル・トロが製作・脚本、「ROMA ローマ」のアルフォンソ・キュアロンが製作

世界一恐ろしいと言われる大魔女”グランド・ウィッチ”にはアン・ハサウェイ
オクタヴィア・スペンサースタンリー・トゥッチほかが共演。


ロバート・ゼメキス監督xアン・ハサウェイが贈る”驚きと希望のファンタジー”。

「魔女がいっぱい」公式サイト

「魔女がいっぱい」公開劇場リスト



11月29日は映画監督のジョエル・コーエンの誕生日。監督作でどの作品が好きですか?




11月29日は映画監督のジョエル・コーエンの誕生日。監督作でどの作品が好きですか?

ジョエル・コーエンは1954年11月29日にミネソタ州ミネアポリスで生まれました。
弟のイーサン・コーエンと映画製作に携わり、1991年「バートン・フィンク」第44回カンヌ国際映画祭で史上初のパルム・ドール、監督賞、男優賞の3冠を受賞。
1996年「ファーゴ」第49回カンヌ国際映画祭で監督賞第69回アカデミー賞で主演女優賞、脚本賞を受賞
2008年「ノーカントリー」第80回アカデミー賞で作品賞、監督賞ほか4部門ほか数多くの映画祭で作品賞ほかを受賞しました。
The Coen Brothers

ジョエル・コーエンの主な監督作品は次の通りです。
「バートン・フィンク」(原題 Barton Fink)
バートン・フィンク
ジョン・タトゥーロ主演でひとりの男の悪夢と妄想を描いた異色サスペンス。
1992年3月14日(土)公開。
ハリウッドに招かれたニューヨークの社会派劇作家、バートン・フィンクが宿泊先のホテルで出会う不思議な体験を描く…
ジョエル・コーエンは監督・脚本、イーサン・コーエンは製作・脚本を担当。
第44回カンヌ国際映画祭で史上初のパルム・ドール、監督賞、男優賞の3冠を受賞。
蚊の飛ぶ音、暑さ、息苦しさ–生理的な感覚を、主人公の悪夢になぞり、独自の映像センスで描いたコーエン兄弟の傑作です。

「未来は今」(原題 The Hudsucker Proxy)
%e6%9c%aa%e6%9d%a5%e3%81%af%e4%bb%8a
ティム・ロビンスポール・ニューマン共演で大企業の新社長に祭り上げられた青年が起こす奇跡を描いたファンタジー・ドラマ。
1995年1月14日(土)公開。
会社買収を狙う役員たちの陰謀によって新社長に担ぎ出された新入社員。株価が急落する中、新社長のアイデア商品が思いがけないヒットとなる…
ジョエル&イーサン・コーエン兄弟が監督・脚本・製作を手掛け、金儲けだけが人生ではないというテーマを風刺と皮肉を込めてユーモラスに描いたファンタジーです。

「ファーゴ」(原題 Fargo)
20151214_28627b
スティーヴ・ブシューミフランシス・マクドーマンド共演で偽装誘拐が引き起こす惨劇とそれに関わる人々の奇妙な姿を描いたミステリー・サスペンス。
1996年11月9日(土)公開。
雪深いアメリカの田舎町ファーゴを舞台に、ほんの手違いで単純な偽装誘拐から血生臭い殺人へと発展していく犯罪事件の顛末を描く…
第49回カンヌ国際映画祭で監督賞第69回アカデミー賞で主演女優賞、脚本賞を受賞。
雪に覆われた白い町で起こる血みどろの物語。実話を基に個性的なキャラクターと効果的な台詞の数々によりドラマの完成度を極限まで高めていた作品です。

「ノーカントリー」(原題 No Country for Old Men)
ノーカントリー
トミー・リー・ジョーンズハビエル・バルデム共演で執拗なまでに標的を追いつめる殺人マシーンから狙われた人々の運命を描いたサスペンス・ドラマ。
2008年3月15日(金)に公開され、興収3.4億円。
80年代、メキシコ国境沿いのテキサスを舞台に、ギャングたちの大金を奪った男と彼を追う殺し屋、事件の謎に迫る保安官の姿を描く…
ジョエル&イーサン・コーエン兄弟が監督・脚本・製作。
第80回アカデミー賞で作品賞、監督賞、助演男優賞、脚色賞の4部門ほか数多くの映画祭で作品賞ほかを受賞。
ハビエル・バルデム演じる冷酷無比な殺人鬼が齎す圧倒的な暴力描写が話題になり、批評家たちからも絶賛を受け、コーエン兄弟の監督としての名声をより確固たるものにした傑作です。

「トゥルー・グリット」(原題 True Grit)
トゥルー・グリット
ジェフ・ブリッジスマット・デイモン共演で、傑作西部劇「勇気ある追跡」をリメイク。ある少女が2人の男と共に、父親殺しの犯人を追う復讐劇を描いた人間ドラマ。
2011年3月18日(金)に公開され、興収2億円。
父親を殺され復讐を誓った14歳の少女・マティとベテラン保安官と若きテキサス・レンジャーの2人の男たちが壮絶な追跡劇を繰り広げる…
ジョエル&イーサン・コーエン兄弟が監督・脚本・製作。
緊張感あふれるサスペンス、雄大な自然をバックに繰り広げられる冒険とアクション、偏屈の元保安官と親を殺された少女の心の邂逅が描かれた傑作中の傑作です。

「ヘイル、シーザー!」(原題 Hail, Caesar!)
%e3%83%98%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%80%81%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%b6%e3%83%bc
ジョージ・クルーニージョシュ・ブローリンスカーレット・ヨハンソン共演で1950年代のハリウッドを舞台に描いたサスペンス・コメディ。
2016年5月13日(金)公開。
1950年代のハリウッドで撮影中、主演俳優で世界的大スターのウィットロックが誘拐されされ、「スタジオの何でも屋」がスターたちを巻き込み、事件解決に挑む…
ジョエル&イーサン・コーエン兄弟が監督・脚本・製作を手掛け、往年のハリウッド黄金期への郷愁や映画愛を織り交ぜつつユーモラスかつシニカルに描いた群像劇です。

これからもさらなる活躍を期待されるジョエル・コーエン。監督作でどの作品が好きですか?



リチャード・アッテンボロー監督がベン・キングズレー主演でガンジーの生涯を映画化した「ガンジー」、NHK BSプレミアムで11月30日(月)放送。




リチャード・アッテンボロー監督ベン・キングズレー主演でガンジーの波瀾に満ちた生涯を映画化した「ガンジー」、NHK BSプレミアムで11月30日(月)放送。

リチャード・アッテンボロー監督ベン・キングズレー主演でインド独立運動の指導者ガンジーの波瀾に満ちた生涯を映画化した伝記ドラマ「ガンジー」(原題 Gandhi)
1983年4月16日(土)に公開され、配収4.8億円。
若きガンジーのインド人差別からの発起、様々な活動、そしてその死に至るまでの軌跡を壮大なスケールで描く…
第55回アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演男優賞ほか8部門を受賞。

1893年、青年ガンジーは、大英帝国支配下の南アフリカにおける人種差別政策に激しい怒りを覚え、民族抵抗運動を起こす。やがてイギリスに統治されている母国インドの独立を目指して「非暴力、不服従」をスローガンに人々を説いていく…

偉大なるインド独立の父マハトマ・ガンジーの波乱万丈の生涯をリチャード・アッテンボロー監督が映画化。

マハトマ・ガンジーにはベン・キングスレー
キャンディス・バーゲンエドワード・フォックスジョン・ギールガッドトレヴァー・ハワードほかが共演。
第55回アカデミー賞で作品賞、監督賞、ベン・キングスレーが主演男優賞、脚本賞、撮影賞、美術監督・装置賞、衣装デザイン賞、編集賞の8部門、第40回ゴールデングローブ賞で外国映画賞、監督賞、ドラマ部門男優賞、脚本賞、新人賞の5部門を受賞。

人間の尊厳を求めて差別と戦い、インドの独立を勝ち取ったガンジーの人間としての魅力を浮き彫りにしながら、波乱万丈の人生を壮大なスケールで描いた名作です。

★「ガンジー」(字幕スーパー)
NHK BSプレミアム
11月30日(月)
13:00~16:12



11月28日は映画監督のアルフォンソ・キュアロンの誕生日。監督作でどの作品が好きですか?




11月28日は映画監督のアルフォンソ・キュアロンの誕生日。監督作でどの作品が好きですか?

アルフォンソ・キュアロンは1961年11月28日にメキシコシティで生まれました。
1991年「最も危険な愛し方」で長編映画デビュー、「ハリー・ポッター」シリーズの第3弾「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」に抜擢され、「トゥモロー・ワールド」ヴェネチア国際映画祭でオゼッラ賞(技術貢献賞)を受賞。
「ゼロ・グラビティ」第86回アカデミー賞で監督賞ほか7部門第71回ゴールデン・グローブ賞で監督賞「ROMA ローマ」第91回アカデミー賞で監督賞、撮影賞、外国語映画賞の3部門第76回ゴールデン・グローブ賞で監督賞、外国語映画賞の2部門を受賞しました。
アルフォンソ・キュアロン

アルフォンソ・キュアロンの主な監督作品は次の通りです。
「最も危険な愛し方」(原題 Sólo con tu pareja、英題 Love in the Time of Hysteria)

アルフォンソ・キュアロン監督の長編映画デビュー作ダニエル・ヒメネス・カチョクラウディア・ラミレス共演。
1991年作品。日本では劇場未公開。
女たらしのトマスは血液検査の結果エイズと判定されるが、もてあそばれたナースが復讐のために検査結果を改ざんしたのだった。絶望したトマスは自殺しようとする…
アルフォンソ・キュアロン監督の長編映画デビュー作で、米国進出のきっかけとなった作品です。

「リトル・プリンセス」(原題 A Little Princess)

フランシス・ホジソン・バーネットの小説「小公女」リーセル・マシューズ主演で映画化したドラマ。
1995年12月16日(土)公開。
家族との幸せな生活から突然孤児となった少女セーラはその逆境の中でけなげに、自分らしく生きようとする…
第21回ロサンゼルス批評家協会賞でニュー・ジェネレーション賞、美術賞、音楽賞を受賞、第68回アカデミー賞で撮影賞、美術賞にノミネート。
「小公女」の物語をアルフォンソ・キュアロン監督が独特の映像で映画化していて、幻想的な美術と音楽が感動を呼び起こしてくれます。

「大いなる遺産」(原題 Great Expectations)
大いなる遺産
チャールズ・ディケンズの名作イーサン・ホークグウィネス・パルトロウ共演で映画化したラブ・ストーリー。
1998年6月20日(土)公開。
田舎町に住む少年、フィンは資産家の美しい少女エステラと出会い、恋に落ちるが、エステラは突然ヨーロッパへ旅立つ。7年後、ニューヨークで再会し、再び恋に落ちるが、エステラはまた姿を消してしまう…
チャールズ・ディケンズの名作を舞台を現代のアメリカに移し、官能的に、そしてスタイリッシュに映画化したラブ・ストーリー。イーサン・ホーク、グウィネス・パルトロウの名演が光ります。

「天国の口、終りの楽園。」(原題 Y tu mamá también、英題 And Your Mother Too)

ガエル・ガルシア・ベルナルマリベル・ベルドゥ共演で描いた青春ロードムービー。
2002年8月10日(土)公開。
若さ溢れる高校生のフリオとテノッチが美しい人妻のルイサと知り合い、それぞれの思いを胸に伝説のビーチ”天国の口”へと向かうひと夏の旅を描く…
奔放な性描写や開放的なユーモアが評価され、第58回ヴェネチア国際映画祭でマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)、脚本賞など数多くの映画賞を受賞。

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」(原題 Harry Potter And The Prisoner Of Azkaban)
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
J.K.ローリング の世界的ベストセラー小説ダニエル・ラドクリフ主演で映画化したシリーズ第3作。
2004年6月26日(土)に公開され、興収135億円。
13歳になったハリーを待ち受けるのは、かつてない危機と驚愕の真実。両親を死に追いやった凶悪犯シリウス・ブラックの脱獄に迫り来る恐怖。不吉な死の予言さえ告げられる中、ハリーが直面する両親の死の真相。今まで見えなかったものが見え始め、わからなかったことがわかり始める…
クリス・コロンバス監督のファンタジー色の強い前2作に比べると大人に成長しようとするハリー・ポッターの成長などがしっかり描かれ、シリーズの転換となる重要な作品に仕上がっています。

「トゥモロー・ワールド」(原題 Children of Men)
トゥモロー・ワールド
クライブ・オーウェンジュリアン・ムーア共演で描いた近未来SFサスペンス。
2006年11月18日(土)に公開され、興収5億円。
人間が繁殖能力を失った時代、人類の未来を背負う少女をめぐって激しい争奪戦が繰り広げられる…
クライマックスの戦闘シーンでの長回しをはじめ技巧を駆使した臨場感あふれる映像表現が高く評価され、ヴェネチア国際映画祭でオゼッラ賞(技術貢献賞)を受賞。アルフォンソ・キュアロン監督らしい映像が楽しめる作品です。

「ゼロ・グラビティ」(原題 Gravity)
ゼロ・グラビティ02
サンドラ・ブロックジョージ・クルーニー共演で無重力(ゼロ・グラビティ)の宇宙空間に取り残された宇宙飛行士のサバイバルを描いたSFサスペンス。
2013年12月13日(金)に公開され、興収32.3億円。
《無限の宇宙》に取り残された宇宙飛行士が、酸素・重力・生存率《ゼロ》の極限状態に立ち向かう…
第86回アカデミー賞で監督賞、視覚効果賞、音響編集賞、録音賞、撮影賞、編集賞、作曲賞の7部門第71回ゴールデン・グローブ賞で監督賞を受賞。
宇宙空間を一緒に漂っているような錯覚になるような映像と飽きさせないストーリー展開の連続。無重力空間の中で生き延びるために最後まであきらめないサンドラ・ブロックの迫真の演技。過去のSF映画作品ーのオマージュも楽しめて、最高の時間が味わえます。

「ROMA ローマ」(原題 ROMA)

アルフォンソ・キュアロン監督が自身の幼少期の体験を交えながら、1970年代のメキシコを舞台に描いた家族の愛の物語。
2018年12月14日(金)からNTEFLIXで配信、2019年3月9日(土)から限定公開。
政治的混乱に揺れる1970年代メキシコを舞台に、とある中産階級の家庭に訪れる激動の1年を若い家政婦の視点から描く…
第91回アカデミー賞で監督賞、撮影賞、外国語映画賞の3部門第76回ゴールデン・グローブ賞で監督賞、外国語映画賞の2部門、第75回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門で金獅子賞(最高賞)受賞。
アルフォンソ・キュアロン監督が自身の幼少期の体験を交えながら、全編モノクロ映像で描いた心揺さぶる家族の愛の物語。

これからもさらなる活躍を期待されるアルフォンソ・キュアロン監督。監督作でどの作品が好きですか?



児童文学作家マイケル・モーパーゴの小説をノア・シュナップ主演で映画化したヒューマン・ドラマ「アーニャは、きっと来る」、11月27日(金)公開。




イギリスの児童文学作家マイケル・モーパーゴの小説ノア・シュナップ主演で映画化したヒューマン・ドラマ「アーニャは、きっと来る」(原題 Waiting for Anya)、11月27日(金)公開。

フランス・ピレネー山脈の麓の小さな村で起きた、ユダヤ人を救った少年の奇跡の物語。

1942年、13歳のジョーは、フランス・ピレネー山脈の麓にあるナチス占領下の小さな村で羊飼いをしながら暮らしていた。ある日、彼はユダヤ人のベンジャミンと出会い、ユダヤ人の子供たちをひそかにスペインに逃がすという計画を手伝うことになる。一方で、ジョーはドイツ軍の下士官とも親しくなっていく。村人たちが一致団結して子どもたちを逃がす日が迫る中、ベンジャミンが待つ娘アーニャは一向に現れなかった…

「戦火の馬」のイギリスの児童文学作家マイケル・モーパーゴの小説ベン・クックソン監督が映画化。

13歳のジョーにはNetflixドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」で注目のノア・シュナップ
祖父アンリにはジャン・レノ、救出作戦の主導者オルカーダにはアンジェリカ・ヒューストン
ユダヤ人のベンジャミンにはフレデリック・シュミットトーマス・クレッチマンほかが共演。

羊飼いの少年がナチスの占領下に学んだ生きる喜びと希望を描いた異色の注目作。

「アーニャは、きっと来る」公式サイト



11月27日は映画監督のキャスリン・ビグローの誕生日。監督作でどの作品が好きですか?




11月27日は映画監督のキャスリン・ビグローの誕生日。監督作でどの作品が好きですか?

キャスリン・ビグローは 1951年11月27日にカリフォリニア州サン・カルロスで生まれました。
元夫のジェームズ・キャメロンの原案・脚本で1995年「ストレンジ・デイズ/1999年12月31日」を監督。
2009年「ハート・ロッカー」第82回アカデミー賞で作品賞、監督賞ほか6部門を受賞しました。
キャスリン・ビグロー

キャスリン・ビグローの主な監督作品は次の通りです。
「ブルースチール」(原題 Blue Steel)
ブルースチール
ジェイミー・リー・カーティス主演で殺人鬼の恐怖に立ち向かう新米警官の姿を描いたスーパーバイオレンス・ポリス・アクション。
1990年4月28日(土)公開。
新米女性警官のメーガンは、初めてのパトロールで強盗を射殺してしまう。ところが犯人の銃は出てこず、メーガンは停職処分に。しかしその銃を手に入れていた何者かが無差別連続殺人を開始する…
神経が擦り減るほどの緊迫感の中で展開する正義を愛し警官となった女性と彼女に忍び寄るサイコパスの闘い。キャスリン・ビグロー監督の出世作となったサスペンスです。

「ハートブルー」(原題 Point Break)
ハートブルー
キアヌ・リーブスパトリック・スウェイジ共演で連続強盗事件を追うFBI捜査官の活躍を描いたクライム・アクション。
1991年10月21日(土)に公開され、配収4.2億円。
カリフォルニアのベニス・ビーチで起きた連続銀行強盗殺人事件を捜査するFBI捜査官のユタは、犯人をサーファーと推測して潜入捜査を始める…
キャスリン・ビグロー監督ならではのダイナミックなアクションとキアヌ・リーブスの魅力の詰まった作品です。

「ストレンジ・デイズ/1999年12月31日」(原題 Strange Days)
ストレンジ・デイズ
ジェームズ・キャメロン製作・原案・脚本レイフ・ファインズ主演で新世紀前夜の混沌と狂騒を描いたSFハードボイルド。
1996年1月20日(土)に公開され、配収1.2億円。
1999年12月30日。他人の体験を感じることのできるディスクを闇販売しているレニーのもとに、元恋人の娼婦の友人が殺される瞬間を記録したディスクが届けられる。次はフェイスが危ないと察知した彼は、2000年を目前に控えて沸き返る大晦日のロスの街へと急行する…
ジェームズ・キャメロンが原案・脚本を手掛け、キャスリン・ビグロー監督らしい映像で世紀末の混乱をドラマと融合させていて、見応えのあるサスペンス作品です。

「K-19」(原題 K-19: The Widowmaker)
K-19
ハリソン・フォードリーアム・ニーソン共演でソ連の原子力潜水艦K-19で1961年に実際に起った放射能事故を映画化したサスペンス。
2002年12月14日(土)に公開され、興収14.5億円。
1961年、米ソ冷戦下、ソ連の原子力潜水艦K-19は航行実験において、突然原子炉の冷却装置に故障をきたす。米ソによる核戦争に発展しかねない原潜事故という最悪のトラブルに艦長と乗組員たちが命懸けで立ち向かう…
キャスリン・ビグロー監督が原発事故の恐ろしさをリアルにスリリングに描いた潜水艦映画の傑作です。

「ハート・ロッカー」(原題 The Hurt Locker)
ハート・ロッカー
アカデミー賞6部門受賞ジェレミー・レナー主演で死と隣り合わせの日常を生きるアメリカ軍爆発物処理班の男たちの姿を力強く描いた戦争ドラマ。
2010年3月6日(金)に公開され、興収9億円。
バグダッド郊外で爆発物処理に従事するブラボー中隊は、殉職した仲間の代わりに新リーダーとしてジェームズ二等軍曹を迎え入れるが…
第82回アカデミー賞で作品賞、監督賞、オリジナル脚本賞、編集賞、音響効果賞、録音賞の6部門を受賞
破天荒な主人公たち兵士が尋常ならざるプレッシャーに晒されながら爆弾解除に取り組む姿を、キャスリン・ビグロー監督が徹底したリアリズムで生々しくスリリングに捉えていて、アカデミー賞で6部門受賞も納得させられます。

「ゼロ・ダーク・サーティ」(原題: Zero Dark Thirty)
ゼロ・ダーク・サーティ
ジェシカ・チャステイン主演で国際テロ組織アルカイダのウサマ・ビンラディン容疑暗殺作戦を描いたサスペンス・ドラマ。
2013年2月15日(土)に公開され、興収4.33億円。
若きCIA分析官・マヤはビンラディン捜索チームに抜擢される。同僚を自爆テロで失った彼女は執念でターゲットに迫る…
第85回アカデミー賞で音響編集賞第70回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門でジェシカ・チャステインが主演女優賞を受賞。
キャスリン・ビグロー監督がトップ・シークレットに独自のルートで迫り、当事者たちから念入りに取材することに成功。迫真のドラマを作り上げました。

「デトロイト」(原題 Detroit)

ジョン・ボイエガ主演でアメリカ史上最大級の暴動”デトロイト暴動”の最中に発生した戦慄のアルジェ・モーテル事件を映画化したサスペンス。
2018年1月26日(金)公開。
1967年のデトロイト。黒人宿泊客で賑わうアルジェ・モーテルでいたずらの発砲騒ぎを捜査する警官が黒人少年を殴ったことがきっかけで”戦慄の一夜”が起こる…
米史上最大級の暴動勃発…街が戦場と化すなかで起きた”戦慄の一夜”。キャスリン・ビグロー監督が黒人差別主義が強かった時代のアメリカの重い歴史を描き出した作品です。

これからもさらなる活躍を期待したい映画監督であり、プロデューサーのキャスリン・ビグロー。監督作でどの作品が好きですか?



山崎貴監督が全編3DCGアニメーションで映画化した「ルパン三世 THE FIRST」、金曜ロードSHOW!で11月27日(金)放送。




山崎貴監督全編3DCGアニメーションで映画化した「ルパン三世 THE FIRST」、金曜ロードSHOW!で11月27日(金)放送。

山崎貴監督全編3DCGアニメーションで映画化した「ルパン三世 THE FIRST」
2019年12月6日(金)に公開され、興収11.2億円。
ルパンの祖父であるルパン一世ことアルセーヌ・ルパンですら盗み出すことに失敗した因縁の宝ブレッソン・ダイアリーをめぐる物語。

第二次世界大戦中にはナチスがその行方を追い求めたという伝説級の宝ブレッソン・ダイアリーにルパン一味が挑む…

1967年に「漫画アクション」でモンキー・パンチの連載がスタート。

1971年にはテレビアニメ化され、誕生から50年以上経った今でも様々なメディアで老若男女問わず絶大な人気を誇る「ルパン三世」。

長編アニメとしては23年ぶりの公開作品として山崎貴が監督・脚本を手掛けて全編3DCGアニメーションで映画化。
声の出演は栗田貫一小林清志浪川大輔沢城みゆき山寺宏一ほか。
広瀬すず、吉田鋼太郎、藤原竜也が特別出演
音楽は大野雄二

「”THE FIRST”というサブタイトルは”3DCGルパンの初お披露目”、”世界で一番になるんだ!という願い”、そして”ルパン一世にまつわる物語”」

★「ルパン三世 THE FIRST」
日本テレビ 金曜ロードSHOW!
11月27日(金)
21:00~22:54



11月26日は「カサブランカ」が世界初公開された日。「カサブランカ」は見たことはありますか?




11月26日は「カサブランカ」が世界初公開された日。「カサブランカ」は見たことはありますか?
カサブランカ

ハンフリー・ボガートイングリット・バーグマン共演の永遠のラブ・ストーリー「カサブランカ」(原題: Casablanca)は1942年11月26日にニューヨークで世界初公開されました。
日本では1946年6月20日(土)公開。
第二次大戦下のカサブランカで身を焦がすような恋に落ちながらも引き裂かれた男女の愛を描く…
casablanca
1941年12月、フランス領モロッコの都市カサブランカ。ドイツの侵略によるヨーロッパの戦災を逃れるためアメリカへの亡命を図ろうとする人々が集まる街。アメリカ人男性のリックは経営する酒場「カフェ・アメリカン」で彼の元を去った恋人イルザ・ラントと偶然の再会を果たす…

リックにはハンフリー・ボガード、恋人のイルザにはイングリッド・バーグマン
監督は「夜も昼も」、「ホワイト・クリスマス」のマイケル・カーティス
第16回アカデミー賞では作品賞、監督賞、脚色賞の3部門受賞。
casablanca02
主題歌“As Time Goes By”は今も歌い継がれている名曲で、今だ色あせることのない永遠のラブ・ストーリーです。

永遠のラブ・ストーリー「カサブランカ」は見たことはありますか?



クリント・イーストウッド主演のサスペンス「アルカトラズからの脱出」、NHK BSプレミアムで11月26日(木)放送。




クリント・イーストウッド主演でアルカトラズ刑務所からの脱獄を描いたサスペンス「アルカトラズからの脱出」、NHK BSプレミアムで11月26日(木)放送。
アルカトラズからの脱出
ドン・シーゲル監督クリント・イーストウッド主演で実話を元に映画化したサスペンス・ドラマ「アルカトラズからの脱出」(原題 Escape From Alcatraz)
1979年12月22日(土)に公開され、配収2.8億円。
厳重に監視され脱出不可能として名高いアルカトラズ刑務所から脱獄した3人の囚人を描く…

絶対に脱獄不可能と言われたアルカトラズ連邦刑務所に入獄させられたフランク・モーリス。ほかの刑務所で何度も脱獄を企てていたフランクは脱獄を画策する…

「ダーティ・ハリー」シリーズのドン・シーゲル監督クリント・イーストウッドがタッグを組んで、アルカトラズ刑務所からの脱獄劇を映画化。
囚人フランク・モーリスにはクリント・イーストウッド
刑務所長のウォーデンにはパトリック・マッグーハン
ダニー・グローバーロバーツ・ブロッサムジャック・ティボーほかが共演。

クリント・イーストウッド演じる寡黙な囚人と冷酷な刑務所長の対立を軸に脱獄に向けての緻密な作戦が丹念に描かれていて、その中で紡ぎ出されるサスペンスの数々は何度観ても唸らされる名作です。

★「アルカトラズからの脱出」(字幕スーパー)
NHK BSプレミアム
11月26日(木)
13:00~14:53



全米俳優組合から生涯功労賞を授与されたロバート・デ・ニーロ。出演作でどの作品が好きですか?




全米俳優組合から生涯功労賞を授与されたロバート・デ・ニーロ。出演作でどの作品が好きですか?

ロバート・デ・ニーロが第26回全米俳優組合(SAG)賞で生涯功労賞(Life Achievement Award)を授与されました。
ロバート・デ・ニーロは1943年8月17日にニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジで生まれました。
役者としてキャリアをスタートさせ、フランシス・フォード・コッポラ監督に演技を評価され、「ゴッドファーザー PARTⅡ」第48回アカデミー賞助演男優賞を受賞。
「タクシー・ドライバー」「ディア・ハンター」ではアカデミー賞主演男優賞にノミネートされ、「レイジング・ブル」アカデミー賞主演男優賞を受賞。他にも「アンタッチャブル」「レナードの朝」などにも出演。
第26回全米俳優組合(SAG)賞で生涯功労賞(Life Achievement Award)を授与されました。
ロバート・デ・ニーロ

ロバート・デ・ニーロの主な出演作品は次の通りです。
「ゴッドファーザー PARTⅡ」(原題 The God Father: PartⅡ)
ゴッド・ファーザー PART Ⅱ
フランシス・F・コッポラ監督アル・パチーノ主演でマフィアのコルレオーネ一家の闘争や盛衰を描いたシリーズ第2弾。
1975年4月26日(土)に公開され、配収8.19億円。
亡き父のあとを継ぎドンとなったマイケルの苦悩と復讐を、父ビトーの少年時代からやがて一大ファミリーを築くまでのエピソードを交えて描く…
第48回アカデミー賞で作品賞、監督賞、助演男優賞ほか6部門を受賞。
ロバート・デ・ニーロはマフィアのマイケル・コルレオーネの父ヴィトー・コルレオーネの若かりし頃を演じ、第48回アカデミー賞助演男優賞受賞
マイケル・コルレオーネのドンとしての苦悩と復讐の物語と若かりし頃のヴィトー・コルレオーネがファミリーを築くまでの物語を巧みに交差しながら描かれていて、ロバート・デ・ニーロの卓越した演技が光ります。

「タクシードライバー」(原題 Taxi Driver)
タクシードライバー
マーティン・スコセッシ監督ジョディ・フォスター共演でニューヨークの街を流すタクシードライバーの孤独と絶望と狂気を描いたドラマ。
1976年9月18日(土)に公開され、配収2.26億円。
ニューヨークで汚れた世界に怒りを感じながら生きるタクシー運転手・トラヴィスは14歳の売春婦と出会ったことをきかけに過激な行動に駆り立てられる…
第29回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞。
ロバート・デ・ニーロはニューヨークでタクシードライバーとして働くベトナム帰還兵のトラヴィスを熱演し、第49回アカデミー賞主演男優賞にノミネート。
ロバート・デ・ニーロの鬼気迫る演技、当時13歳だったジョディ・フォスターの演技。マーティン・スコセッシ監督が都会に生きる男の孤独と狂気を鋭く描いた傑作です。

「ディア・ハンター」(原題 The Dear Hunter)
ディア・ハンター
マイケル・チミノ監督がベトナムの戦地へ赴いた若者たちの過酷な運命を描いた戦争ドラマ。
1979年3月17日(土)に公開され、配収4.4億円。
北ベトナムで激化する戦争に徴兵されたマイケルほか3人の若者が戦場で地獄の体験をする。やがて帰還したマイケルは、行方不明となった仲間を探しに、再びベトナムへ赴く…
第51回アカデミー賞で作品賞、監督賞ほか5部門を受賞。
ロバート・デ・ニーロはベトナム戦争に徴兵され、人生を狂わせていくマイケルを演じ、第51回アカデミー賞主演男優賞にノミネート。
ベトナム戦争によって人生を狂わされる若者たちの悲劇を描いた戦争ドラマ。ロバート・デ・ニーロ、クリストファー・ウォーケンの名演が光ります。

「レイジング・ブル」(原題 Rasing Bull)
レイジング・ブル
マーティン・スコセッシ監督が実在のミドル級ボクサー、ジェイク・ラモッタの栄光と挫折を描いたドラマ。
1981年2月14日(土)に公開され、配収1.96億円。
プロ・ボクシングの元ミドル級チャンピオン、ジェイク・ラモッタがスラム街から這い上がり闘魂で王座に君臨した栄光と破滅の半生を描く…
第53回アカデミー賞で主演男優賞、編集賞の2部門受賞
ロバート・デ・ニーロはプロ・ボクシング元ミドル級チャンピオンで、”ブロンクスの怒れる牡牛(レイジング・ブル)”の異名をとったジェイク・ラモッタを演じ、第53回アカデミー賞主演男優賞受賞。
ボクシング映画の金字塔ともいえる作品で、ロバート・デ・ニーロの名演が光ります。

「アンタッチャブル」(原題 The Untouchables)
アンタッチャブル
ブライアン・デ・パルマ監督ケビン・コスナーショーン・コネリー共演で暗黒街の帝王、アル・カポネの摘発に乗り出した若き財務省の捜査官の戦いを描いたドラマ。
1987年10月7日(土)に公開され、配収17.5億円。
1930年代のシカゴ。禁酒法取締のため、財務省の捜査官のエリオット・ネスは3人の仲間と共にアル・カポネ摘発に乗り出す…
第60回アカデミー賞と第45回ゴールデン・グローブ賞でショーン・コネリーが助演男優賞を受賞。
ロバート・デ・ニーロは暗黒街の帝王、アル・カポネを熱演し、財務省の捜査官のエリオット・ネスの前に立ちはだかる…
1930年代のシカゴを見事に再現した美術、鮮烈なエンニオ・モリコーネの音楽、個性的な役者の顔ぶれとどれをとっても一級の作品です。

「レナードの朝」(原題 Awakenings)
レナードの朝
ペニー・マーシャル監督が実話を元に治療不能の難病に挑む医師の奮闘をロビン・ウィリアムズ共演で描いたドラマ。
1991年4月5日(土)に公開され、配収6.5億円。
嗜眠性脳炎で、30年間半昏睡状態の患者を目覚めさせるため立ち上がる、新任医師の姿を描く…
ロバート・デ・ニーロは30年もの間、半昏睡状態だったのが、治療で奇跡的に回復するレナード・ロウを演じ、第63回アカデミー賞主演男優賞ノミネート。
人間の尊厳と愛と友情をペニー・マーシャル監督ならではの優しい眼差しで描き、ロビン・ウィリアムズ、ロバート・デ・ニーロの名演が光ります。

「マイ・インターン」(原題 The Intern)
マイ・インターン
ナンシー・マイヤーズ監督アン・ハサウェイ共演でファッションサイトのCEOの女性とシニアインターンの交流を描いたハートフル・ドラマ。
2015年10月10日(土)に公開され、興収17.5億円。
ファッションサイトのCEOのとして活躍するジュールスが40歳年上のシニアインターンのベンとの交流を通して成長していく…
ロバート・デ・ニーロはシニアインターンのベンを演じ、ファッションサイトのCEOのジュールスに様々な助言をし、お互いに成長していく…
ファッションサイトのCEOのジュールスが人生の大先輩であるベンから様々な助言をもらい、次第に心を通わせていく姿がハートウォーミングに描かれていて、心を暖かくしてくれます。

マーティン・スコセッシ監督「ケープ・フィアー」、デヴィッド・O・ラッセル監督の「世界にひとつのプレイブック」「アメリカン・ハッスル」、他にも「マラヴィータ」「リベンジ・マッチ」などにも出演。
世界にひとつのプレイブック

「ブロンクス物語/愛につつまれた街」「グッド・シェパード」では監督も務めました。
これからもさらなる活躍が期待されるロバート・デ・ニーロ。
出演作でどの作品が好きですか?