冬季オリンピックにボブスレー競技で挑んだジャマイカ・チームの実話を映画化したコメディ「クール・ランニング」、NHK BSプレミアムで1月23日(月)放送。




冬季オリンピックにボブスレー競技で挑んだジャマイカ・チームの実話を映画化したコメディ「クール・ランニング」、NHK BSプレミアムで1月23日(月)放送。
クール・ランニング
冬季オリンピックにボブスレー競技で挑んだジャマイカ・チームの実話を映画化したコメディ「クール・ランニング」(原題 Cool Runnings)
1994年2月19日(土)に公開され、配収10億円の大ヒット。
1988年のカルガリー冬季オリンピックにボブスレー競技で挑んだ南国ジャマイカ・チームの実話を映画化。

オリンピック出場を目指しながらも予選で敗退してしまったジャマイカの陸上選手デニスは、夢を捨て切れないままにボブスレー・チームを結成し、元金メダリストのアーブを無理やりコーチに迎え、冬季オリンピックの開催地カルガリーを目指して猛特訓を開始する…

「ナショナル・トレジャー」シリーズのジョン・タートルトーブ監督が1988年のカルガリー冬季オリンピックにボブスレー競技で挑んだジャマイカ・チームの実話を映画化。
ジョン・キャンディリオンほかが出演。

レゲエのメロディに乗ってベタな笑いと夢に賭ける感動のバランスがほどよい心地よさを醸し出し、日本でもその面白さが口コミで広まって大ヒット!!笑えて、感動できる傑作コメディです。

★「クール・ランニング」(字幕スーパー)
NHK BSプレミアム
1月23日(月)
21:00~22:39



貫井徳郎の小説を妻夫木聡、満島ひかり共演で映画化した群像ミステリー「愚行録」の最新予告編はもう見ましたか?




貫井徳郎の小説妻夫木聡満島ひかり共演で映画化した群像ミステリー「愚行録」、2月18日(土)公開。
最新予告編はもう見ましたか?

週刊誌記者の田中が一家惨殺事件の真相を調べる中で理想的な夫婦という世間のイメージとはかけ離れた被害者の実像を暴いていく…

犯人不明のまま、世間を騒然とさせたエリートサラリーマンの一家惨殺事件から一年。週刊誌記者の田中武史は事件の真相に迫るため取材を開始。関係者のインタビューを通してあぶり出されてくるのは理想的な夫婦の外見からはかけ離れた実像。そして次第に浮かび上がってくる事件の真相…

貫井徳郎の小説を本作で長編デビューを飾る石川慶監督が映画化。
「ふがいない僕は空を見た」、ドラマ「深夜食堂」シリーズの向井康介が脚本、ポーランドのピオトル・ニエミイスキが撮影監督

週刊誌記者の田中武史には妻夫木聡
妹の田中光子には満島ひかり
小出恵介臼田あさ美市川由衣松本若菜中村倫也眞島秀和ほかが共演。

誰が真の被害者で誰が加害者なのか?現代の日本社会に蔓延するどんよりとした閉塞感や病。どんな群像ミステリーが展開するのか、楽しみです。

「愚行録」公式サイト



映画秘宝トホホ10「2016年度 HIHO はくさいアワード!!」が発表!!どの作品にトホホしましたか?




映画秘宝トホホ10「2016年度 HIHO はくさいアワード!!」が発表!!どの作品にトホホしましたか?

映画秘宝トホホ10「2016年度 HIHO はくさいアワード!!」が発表!!
1位に選ばれたのはザック・スナイダー監督「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」、2位はデヴィッド・エアー監督「スーサイド・スクワッド」とDC映画が1位、2位を独占。
続いてローランド・エメリッヒ監督「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」、三池崇史監督「テラフォーマーズ」、ポール・グリーングラス監督、マット・デイモン主演「ジェイソン・ボーン」、庵野秀明が脚本、総監督「シン・ゴジラ」…どの作品にトホホしましたか?

1位「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」(原題 Batman v Superman Dawn of Justice)

クリストファー・ノーラン製作ザック・スナイダー監督ヘンリー・カヴィル主演でバットマンとスーパーマンによる夢の競演を描く究極のエンターテイメント超大作。エイミー・アダムス、ベン・アフレック、ガル・ガドット共演。
3月25日(金)に公開され、興収18億円。
スーパーマンは人類にとってヒーローではなく、脅威ではないのかという世論が高まる中、バットマンとスーパーマンが対峙する…
バットマンとスーパーマンの究極の戦い。そしてワンダーウーマンの登場。ワクワクさせてくれ、次回作がさらに楽しみになってきましたが、トホホ要素もかなりありました。

2位「スーサイド・スクワッド」(原題 Suicide Squad)

DCコミックスの悪役たちがチームを結成して悪対悪のバトルを繰り広げるアクション。デヴィッド・エアー監督ジャレッド・レトウィル・スミスマーゴット・ロビー共演。
9月10日(土)に公開され、興収15億円。
ジョーカーほかDCコミックスの悪役が危険な任務に挑む部隊”スーサイド・スクワッド”を結成して悪対悪のバトルを繰り広げる…
マーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインの魅力が炸裂!!ウィル・スミス、ジャレッド・レトたち悪役たちが大活躍。もう少し弾け切ってくれれば最高でした。

3位「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」(Independence Day Resurgence)

ローランド・エメリッヒ監督リアム・ヘムズワースジェフ・ゴールドブラム共演で前作から20年後を描いたSF超大作。
7月9日(土)に公開され、興収25億円。
前作で人類がエイリアンを撃退してから20年後の地球。巨大宇宙船が再び地球に襲来し、人類は滅亡の危機に陥る…
前作に比べるとストーリーが単純で物足りない展開で、20年ぶりの同窓会映画になってしまいました。

4位「テラフォーマーズ」

大人気コミック「テラフォーマーズ」(作:貴家悠 /画:橘賢一)三池崇史監督伊藤英明主演で実写映画化したSFアクション。
4月29日(金・祝)公開。
2599年の未来が舞台。火星で人型に異常進化した生物「テラフォーマー」を駆除するため15人の日本人が火星に送り込まれる…
有名キャスト陣を集め、CGを多用して巨額の製作費をかけて製作したのに、ストーリー構成、テンポともにトホホすぎる作品になってしまいました。

5位「ジェイソン・ボーン」(原題 Jason Bourne)

ポール・グリーングラス監督マット・デイモン主演で9年ぶりに最強の暗殺者ジェイソン・ボーンの新たな活躍を描いたシリーズ最新作。
10月7日(金)に公開され、興収14億円。
世間から姿を消していたジェイソン・ボーンが自身の隠された過去の秘密をめぐり、新たな戦いに身を投じる…
「ボーン」シリーズ独特の緊張感を継承し、マット・デイモンのアクションも楽しめますが、全体に物足りなさを感じてしまいました。

5位「シン・ゴジラ」

東宝が約12年ぶりに製作庵野秀明が脚本、総監督樋口真嗣が監督、特技監督を手掛けたシリーズ最新作。長谷川博己竹野内豊石原さとみ高良健吾大杉漣柄本明共演。
7月29日(金)に公開され、興収81億円。
現代日本に突如として出現した巨大不明生物・ゴジラと対峙する日本の姿を描く…
賛否両論ありますが、庵野秀明が脚本、総監督を手掛けているだけに、大胆な新しい解釈で映像化した「ゴジラ」ワールド。「ヱヴァンゲリヲン」を彷彿とさせる庵野秀明ワールドが展開。

7位「セーラー服と機関銃 卒業」

赤川次郎の人気小説を35年ぶりに前田弘二監督橋本環奈主演で映画化。
3月5日(土)公開。
弱小ヤクザ・目高組の組長という過去を持つ高校3年生の星泉が危険に巻き込まれていく…

8位「10 クローバーフィールド・レーン」(原題 10 Cloverfield Lane)

J・J・エイブラムス製作のパニック・アクション。マット・リーヴスが製作総指揮、長編映画初監督となるダン・トラクテンバーグが監督
6月17日(金)公開。
思いがけずシェルターの中で過ごすことになった男女を待ち受ける、想像を絶する出来事が展開していく…

9位「X-MEN:アポカリプス」(原題 X-MEN: Apocalypse)

ブライアン・シンガー監督が世界を終わらせる“神”と若きX-MENの戦いを描いたSFアクション。ジェームズ・マカヴォイマイケル・ファスベンダージェニファー・ローレンス共演。
8月11日(木・祝)公開。
数千年の眠りから覚めたアポカリプスが世界の惨状に失望し、新秩序創造のために人類の粛清に乗り出す…

10位「X-ミッション」(原題 Point Break)

エリクソン・コア監督が犯罪集団への潜入捜査を敢行するFBI捜査官の活躍を描いたクライム・アクション。
2月20日(土)公開。
元アスリートの捜査官がアスリートによる犯罪集団への潜入捜査を遂行する一方、命知らずの犯罪者との間に信頼と友情が生まれていく…

10位「湯を沸かすほどの熱い愛」

商業映画デビュー作となる中野量太監督宮沢りえ主演で描いた家族の愛の物語。
10月29日(土)公開。
余命宣告を受けた双葉が行方不明の夫を連れ戻すことをはじめ、最後の四つの願い事をかなえようと奔走する…

どの作品にトホホしましたか?

情報元: 映画秘宝 2017年3月号



ショーン・コネリー主演で人気のアメコミを映画化したアクション・アドベンチャー「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い」、BS朝日で1月22日(日)放送。




ショーン・コネリー主演で人気のアメコミを映画化したアクション・アドベンチャー「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い」、BS朝日で1月22日(日)放送。
%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%bb%e3%82%aa%e3%83%96%e3%83%bb%e3%83%ac%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%83%89
スティーヴン・ノリントン監督ショーン・コネリー主演で人気のアメコミを映画化したアクション・アドベンチャー「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い」(原題: The League Of Extraordinary Gentlemen)
2003年10月11日(土)に公開され、興収12.1億円。
古典文学の世界的ヒーローたちがジャンルの垣根を越えて一堂に会し、悪の組織に立ち向かう…

潜水艦ノーチラス号のネモ船長、透明人間のスキナー、半吸血鬼のミナ、不死身の男ドリアン・グレイ、アメリカの謀報員トム・ソーヤ、ジキル&ハイド。伝説の冒険家アラン・ウォーターメインの元に国も時代も異なるヒーローたちが超人同盟”ザ・リーグ”を結成し、世界征服を企む悪の組織に立ち向かう…

アラン・ムーアの人気のアメリカン・コミックショーン・コネリーが主演、製作総指揮、「ブレイド」のスティーヴン・ノリントンが監督を務めて映画化。
伝説の冒険家アラン・クォーターメインにはショーン・コネリー
スチュアート・タウンゼントナサーラディン・シャーペータ・ウィルソントニー・カランほかが共演。
the-league-of-extraaordinary-gentlemen
時空を超えて古典文学のヒーローたちが集結。ショーン・コネリーのアクションが楽しめます。
ショーン・コネリーはスティーヴン・ノリントン監督との間でトラブルがあり、ショーン・コネリーはこれ以降、映画に出演しないまま、2006年に引退宣言をしてしまうこととなってしまいました。

★「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い」(日本語吹替版)
BS朝日
1月22日(日)
13:00~15:00



シリーズ初の3DCG映画「STAND BY ME ドラえもん」、日曜洋画劇場で1月22日(日)放送。




シリーズ初の3DCG映画「STAND BY ME ドラえもん」、日曜洋画劇場で1月22日(日)放送。
STAND BY ME ドラえもん02
藤子・F・不二雄生誕80周年を記念して国民的人気アニメ「ドラえもん」を初めて3DCGアニメとして映画化した「STAND BY ME ドラえもん」
2014年8月8日(土)に公開され、興収83.8億円。
原作の中から「のび太の結婚前夜」や「さようなら、ドラえもん」といった名作といわれる複数のエピソードを基に展開。

何をやらせても冴えない少年のび太の前に22世紀かのび太の孫の孫セワシとネコ型ロボット・ドラえもんが現れる。のび太の悲惨な未来を変えるため、お世話係として連れて来られたドラえもんはのび太と暮らすことになる…

「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズの山崎貴と「フレンズ もののけ島のナキ」でもタッグを組んだ八木竜一が共同で監督。
原作の中でも名作といわれるドラえもんとのび太の出会いと別れを描いた「未来の国からはるばると」、「さようなら、ドラえもん」、しずかちゃんとの結婚をめぐる心温まる「のび太の結婚前夜」など原作の中でも名作といわれる作品をベースに新たな要素を加えて再構築。
主題歌は秦基博「ひまわりの約束」

昔「ドラえもん」で育った世代にとっては昔懐かしく、今の「ドラえもん」世代にとっては新鮮なエピソードの数々。昔懐かしい「ドラえもん」のエピソードを山崎貴監督が最新の3DCGで映画化していて、ドラ泣きさせてくれ、主題歌の秦基博「ひまわりの約束」のメロディーがその感動をさらに深めてくれます。

★「STAND BY ME ドラえもん」
テレビ朝日 日曜洋画劇場
1月22日(日)
21:00~22:52



ベン・アフレックが製作・監督・脚本・主演を務めた犯罪ドラマ「夜に生きる」の最新予告編はもう見ましたか?




ベン・アフレックが製作・監督・脚本・主演を務めた犯罪ドラマ「夜に生きる」(原題 Live by Night)、5月20日(土)公開。
最新予告編が公開されましたが、もう見ましたか?

禁酒法時代のボストン。狂騒の時代に厳格な家庭に育ったジョーは警官幹部である父に反発し、ギャングの世界でのし上がろうとする…

禁酒法時代のボストン。厳格な家庭に育ったジョーは警官幹部である父に反発しギャングの世界に入りこんでいく。ある日、ジョーは強盗に入った賭博場で出会ったエマと恋に落ちるが、彼女は対立組織のボスの娼婦。そのことでジョーの運命は大きく狂っていく…

「ミスティック・リバー」のデニス・ルヘインのエドガー賞(MWA賞)最優秀長編賞を受賞したノワール小説ベン・アフレックが製作・監督・脚本・主演を務めて映画化した犯罪ドラマ。

ギャングの世界に足を踏み入れていくジョーにはベン・アフレック
エル・ファニングブレンダン・グリーソンクリス・メッシーナゾーイ・サルダナクリス・クーパーほかが共演。

復讐と野心と裏切り、そして悲しくも切ない愛。激動の時代を生き抜こうとするギャングたちの生きざま。「アルゴ」でアカデミー賞作品賞を受賞したベン・アフレックがどんなドラマを見せてくれるのか、楽しみです。

「夜に生きる」公式サイト



第40回日本アカデミー賞で優秀外国作品賞に選ばれた5作品。どの作品が好きですか?




第40回日本アカデミー賞で優秀外国作品賞に選ばれた5作品。どの作品が好きですか?

第40回日本アカデミー賞で優秀外国作品賞に選ばれた5作品。リドリー・スコット監督、マット・デイモン主演「オデッセイ」、ディズニー・アニメーション「ズートピア」、J.J.エイブラムス監督「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」、クリント・イーストウッド監督、トム・ハンクス主演「ハドソン川の奇跡」、アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督、レオナルド・ディカプリオ主演「レヴェナント 甦りし者」。どの作品が好きですか?

「オデッセイ」(原題 The Martian)

リドリー・スコット監督マット・デイモン主演で描いたSFサバイバル・ドラマ。
2月5日(金)に公開され、興収35億円。
たったひとりで火星に取り残された宇宙飛行士マーク・ワトニーとワトニーを助けようと奮闘する人々の姿を描く…
第73回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門の作品賞、男優賞の2部門を受賞。
火星での究極のサバイバルを軽妙なテンポで明るく描きつつ、あきらめない気持ちの大切さを教えてくれます。マット・ディモンの演技が光ります。

「ズートピア」(原題 Zootopia)

動物が人間のように暮らす大都会“ズートピア”を舞台にしたディズニー・アニメーション。バイロン・ハワードとのリッチ・ムーアが共同監督。
4月23日(土)に公開され、興収76億円。
誰もが夢を叶えられる理想の楽園”ズートピア”の危機に夢を信じる新米警官のウサギのジュディが立ち上がる…
製作陣がイマジネーションと新たな解釈で誕生させた動物が生活する世界”ズートピア”。様々な映画へのオマージュやワクワクするストーリー展開が楽しめるだけでなく、深いテーマがあり、様々な差別に対して考えさせられます。

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(原題 Star Wars: The Force Awakens)

J.J.エイブラムス監督デイジー・リドリー主演で「ジェダイの帰還」から約30年後を舞台に描かれる”全く新しい愛と戦いの物語”。
2015年12月18日(金)に公開され、興収116億円。
砂漠の惑星で暮らす孤独なヒロイン、レイ。ストームトルーパーの脱走兵フィン、重要なカギを握るドロイドBB-8、そして十字型のライトセーバーを操るカイロ・レン、そして旧シリーズの不朽のキャラクターたち…
待ちに待った続編。オリジナル三部作へのオマージュたっぷりに新キャラクターと旧キャラクターをうまく繋げていて、大満足の作品です。次回作にさらに期待させてくれます。

「ハドソン川の奇跡」(原題 Sully)

チェズレイ・サレンバーガー機長の手記クリント・イーストウッド監督トム・ハンクス主演で映画化したドラマ。
9月24日(土)に公開され、興収12億円。
航空機不時着水事故で死者を出さない奇跡を成し遂げたチェズレイ・サレンバーガー機長のこれまで語られなかった物語。
一躍ヒーローとしてもてはやされながらも孤独感と自分の判断に対する迷いに苛まれ、PTSDに苦しむサリーをトム・ハンクスが熱演。見終わった後に心地よい余韻を残してくれます。

「レヴェナント 甦りし者」(原題 The Revenant)

アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督レオナルド・ディカプリオ主演で裏切られたハンターの再生を描いたヒューマン・ドラマ。
4月22日(金)公開。
アメリカ西部の広大な荒野で繰り広げられる裏切られたハンターのサバイバル復讐劇を描く…
第88回アカデミー賞で監督賞、レオナルド・ディカプリオが主演男優賞、撮影賞の3部門、第73回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門で作品賞、レオナルド・ディカプリオが男優賞、監督賞の3部門を受賞。
長回しの他、照明機材を一切使わず、自然光だけでの撮影による臨場感の追求、レオナルド・ディカプリオの迫真の演技に圧倒させられます。

3月3日(金)の授賞式でどの作品が最優秀賞を受賞するのか、楽しみです。

第40回日本アカデミー賞の優秀リストの全リストです。



佐藤健主演のシリーズ完結編「るろうに剣心 伝説の最期編」、NHK BSプレミアムで1月21日(土)放送。




佐藤健主演のシリーズ完結編「るろうに剣心 伝説の最期編」、NHK BSプレミアムで1月21日(土)放送。
るろうに剣心 伝説の最期編02
和月伸宏の人気コミックを大友啓史監督が佐藤健主演で映画化したシリーズ完結編「るろうに剣心 伝説の最期編」
2014年9月13日(土)に公開され、興収43.5億円。
日本征服を狙う志々雄真実一派に追いつめられた剣心が神谷薫らをいかの守るのか、その中で「不殺の誓い」を貫き通せるのか!?

志々雄を倒すため、剣心は師匠の比古清十郎に奥義の伝授を懇願する。一方、剣心が生きていることを知った志々雄は政府に圧力を掛け、剣心の処刑を命じる。最大の危機に立たされた剣心は、最凶の敵に打ち勝ち、行方不明の薫と生きて再び会うことができるのか!?

原作ファンの間で最も人気の高いクライマックスにあたる「京都編」を大友啓史監督が2部作で映画化した完結編。
緋村剣心には佐藤健、ヒロインの神谷薫には武井咲
剣心の師匠・比古清十郎には福山雅治
斎藤一には江口洋介蒼井優青木崇高は引き続き出演。
最大の敵の志々雄真実には藤原竜也、瀬田宗次郎には神木隆之介、四乃森蒼紫には伊勢谷友介、巻町操には土屋太鳳
主題歌はONE OK ROCKの「Heartache」
るろうに剣心 伝説の最期
藤原竜也、神木隆之介、伊勢谷友介といった怪優陣と剣心との戦いの完結編。そして剣心の師匠として福山雅治が登場。「るろうに剣心」シリーズの完結編にふさわしい物語が楽しめます。

★「るろうに剣心 伝説の最期編」
NHK BSプレミアム
1月21日(土)
19:00~21:15



ニコール・キッドマン主演で「砂漠の女王」と呼ばれたイギリス人女性の半生を描いた「アラビアの女王 愛と宿命の日々」、見たいですか?




ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツォーク監督ニコール・キッドマン主演で「砂漠の女王」と呼ばれたイギリス人女性の半生を描いた「アラビアの女王 愛と宿命の日々」(原題 Queen of the Desert)、1月21日(土)公開。
ニコール・キッドマン主演の最新作、見たいですか?

イラク建国の立役者として力を尽くした「砂漠の女王」と呼ばれたイギリス人女性ガートルード・ベルの半生を描く…

20世紀初頭、イギリスの裕福な家庭に生まれ、オックスフォード大学を卒業したガートルード・ベル。イギリスの上流階級の生活を捨て、アラビアへと渡った彼女は、イラン、ヨルダン、シリアなど約2500キロにもおよぶ旅を続け、各地の部族と交流。やがてイラク建国の立役者として尽力する…

「フィツカラルド」で第35回カンヌ映画祭監督賞を受賞したドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツォーク監督がイラク建国の立役者として力を尽くした実在のイギリス人女性の半生を描いた伝記ドラマ。
ガートルード・ベルにはニコール・キッドマン
「アラビアのロレンス」ことT.E.ロレンスには「トワイライト」シリーズのロバート・パティンソン
ペルシャ公使館三等書記官のヘンリー・カドガンにはジェームズ・フランコ
トルコ英国領事館の副領事官のリチャード・ダウティ=ワイティにはダミアン・ルイス

アラビアの砂漠の地を旅したひとりの女性の壮大な大河ロマン。砂漠の地を舞台にニコール・キッドマンがどんな演技を見せてくれるのか、楽しみです。

「アラビアの女王 愛と宿命の日々」公式サイト

「アラビアの女王 愛と宿命の日々」公開劇場リスト



第40回日本アカデミー賞で優秀作品賞、優秀監督賞を受賞した6作品。どの作品を見ましたか?




第40回日本アカデミー賞で優秀作品賞、優秀監督賞を受賞した6作品。どの作品を見ましたか?

第40回日本アカデミー賞の優秀賞が発表。
優秀作品賞は「怒り」「シン・ゴジラ」「家族はつらいよ」「64 ロクヨン 前編」「湯を沸かすほどの熱い愛」が受賞。
優秀監督賞は「怒り」の李相日監督、「シン・ゴジラ」の庵野秀明総監督、樋口真嗣監督、「64 ロクヨン 前編」の瀬々敬久監督、「湯を沸かすほどの熱い愛」の中野量太監督「君の名は。」の新海誠監督が受賞しました。
3月3日(金)の授賞式でどの作品が最優秀賞を受賞するのか、楽しみです。

作品ごとの受賞は次の通りです。
「怒り」が11部門、12受賞
優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞、優秀主演女優賞(宮崎あおい)、優秀助演男優賞(妻夫木聡、森山未來)、優秀助演女優賞(広瀬すず)、優秀撮影賞、優秀照明賞、優秀美術賞、優秀録音賞、優秀編集賞

「シン・ゴジラ」が10部門、10受賞
優秀作品賞、優秀監督賞、優秀主演男優賞(長谷川博己)、優秀助演女優賞(石原さとみ、市川実日子)、優秀音楽賞、優秀撮影賞、優秀照明賞、優秀美術賞、優秀録音賞、優秀編集賞

「64 ロクヨン 前編」が10部門
優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞、優秀主演男優賞(佐藤浩市)、優秀音楽賞、優秀撮影賞、優秀照明賞、優秀美術賞、優秀録音賞、優秀編集賞

「家族はつらいよ」が7部門
優秀作品賞、優秀脚本賞、優秀撮影賞、優秀照明賞、優秀美術賞、優秀録音賞、優秀編集賞

「湯を沸かすほどの熱い愛」が5部門
優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞、優秀主演女優賞(宮沢りえ)、優秀助演女優賞(杉咲花)

「君の名は。」が4部門
優秀アニメーション作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞、優秀音楽賞

「怒り」

吉田修一の小説李相日監督渡辺謙綾野剛松山ケンイチ広瀬すず森山未來宮崎あおい妻夫木聡共演で映画化したミステリー。
9月17日(土)に公開され、興収15億円。
「怒」という血文字を残した未解決の夫婦殺人事件をきっかけに千葉、東京、沖縄に住む3組の人々の心に疑念が蔓延し、人間の”信じたい”感情にゆがみを与えていく…
様々な「怒り」の形がひしひしと伝わってきて、沸々とした「怒り」の気持ちが湧いてきて、やるせない気持ちにさせられつつ、「怒り」に対して考えさせられます。

「シン・ゴジラ」

東宝が約12年ぶりに製作庵野秀明が脚本、総監督樋口真嗣が監督、特技監督を手掛けたシリーズ最新作。長谷川博己竹野内豊石原さとみ高良健吾大杉漣柄本明共演。
7月29日(金)に公開され、興収81億円。
現代日本に突如として出現した巨大不明生物・ゴジラと対峙する日本の姿を描く…
賛否両論ありますが、庵野秀明が脚本、総監督を手掛けているだけに、大胆な新しい解釈で映像化した「ゴジラ」ワールド。「ヱヴァンゲリヲン」を彷彿とさせる庵野秀明ワールドが展開。

「64 ロクヨン 前編」

2013年「このミステリーがすごい!」第1位の横山秀夫の人気小説瀬々敬久監督佐藤浩市主演で映画化した2部作の前編。
5月7日(土)に公開され、興収17億円。
平成へと年号が変わる直前の昭和64年に起きた未解決の誘拐事件「ロクヨン」をめぐり、県警警務部の広報官を主人公に警察内部の対立や県警記者クラブとの衝突などを描く…
誘拐事件「ロクヨン」に関わる人々のドラマが重厚に描かれていて、最後まで目の離せない展開にワクワクさせられます。後編はストーリーを追い過ぎてしまった感がありました。

「家族はつらいよ」

山田洋次監督が「男はつらいよ」シリーズ終了から約20年ぶりに手がけた喜劇。橋爪功吉行和子西村雅彦夏川結衣中嶋朋子林家正蔵妻夫木聡蒼井優と2013年公開の「東京家族」のキャスト8人が再び集結。
3月12日(土)に公開され、興収12億円。
現代に生きる平田一家で熟年夫婦の離婚騒動をめぐって織り成される人間模様を描く…
熟年夫婦の離婚の危機とためこんできた家族の不満の数々を山田洋次監督がテンポよく描いた人情喜劇で、笑いとともに家族の大切さを教えてくれます。

「湯を沸かすほどの熱い愛」

商業映画デビュー作となる中野量太監督宮沢りえ主演で描いた家族の愛の物語。
10月29日(土)公開。
余命宣告を受けた双葉が行方不明の夫を連れ戻すことをはじめ、最後の四つの願い事をかなえようと奔走する…
余命宣告を受けた双葉のあくまでも前向きな姿、その母親に影響され、徐々に成長していく娘たち。湯を沸かすけどの熱い愛の形には感動させられます。双葉を演じる宮沢りえと娘を演じる杉咲花の演技がさらに感動を呼びます。

「君の名は。」

国内外から注目を集める新海誠監督が「言の葉の庭」から3年ぶりに送り出したオリジナル長編アニメーション。
2016年8月26日(金)に公開され、興収229億円突破
見知らぬ者同士であった田舎町で生活している少女と東京に住む少年が奇妙な夢を通じて導かれていく…
新海誠監督らしい透明感あふれる映像とストーリー展開。ファンタジーな世界に引き込まれていき、「きみの名は。」というタイトルの意味がわかったときますます感動させられます。新海誠監督の今後の活躍に期待です。

主な主要部門の受賞リストは次の通りです。
優秀主演男優賞
綾野剛「日本で一番悪い奴ら」
岡田准一「海賊とよばれた男」
佐藤浩市「64 ロクヨン 前編」
長谷川博己「シン・ゴジラ」
松山ケンイチ「聖の青春」

優秀主演女優賞
大竹しのぶ「後妻業の女」
黒木華「リップヴァンウィンクルの花嫁」
広瀬すず「ちはやふる 上の句」
宮崎あおい「怒り」
宮沢りえ「湯を沸かすほどの熱い愛」

優秀助演男優賞
竹原ピストル「永い言い訳」
妻夫木聡「怒り」
東出昌大「聖の青春」
森山未來「怒り」
リリー・フランキー「SCOOP!」

優秀助演女優賞
石原さとみ「シン・ゴジラ」
市川実日子「シン・ゴジラ」
杉咲花「湯を沸かすほどの熱い愛」
広瀬すず「怒り」
宮崎あおい「バースデーカード」

優秀アニメーション作品賞
「君の名は。」
「映画『聲の形』」
「この世界の片隅に」
「ルドルフとイッパイアッテナ」
「ONE PIECE FILM GOLD」

3月3日(金)の授賞式でどの作品が最優秀賞を受賞するのか、楽しみです。

第40回日本アカデミー賞の優秀リストの全リストです。